ガス給湯器をエコキュートに変更する際の総費用と節約ポイント

多くの家庭がエネルギーコストの削減と環境配慮を目指し、ガス給湯器からエコキュートへの変更を検討しています。

しかし、この変更が実際にどれだけの費用がかかるのか、そして長期的な節約が見込めるのかは、多くの方にとって重要な疑問点です。

この記事では、ガス給湯器からエコキュートへの変更に必要な費用を中心に解説していきたいと思います。

  • ガス給湯器からエコキュートへの変更は、初期投資は必要ですが、長期的には電気代の削減により節約効果が期待できる。
  •  エコキュートはヒートポンプ技術を用いて、外気から熱を取り込みお湯を沸かすため、ガス給湯器に比べて運用コストが低くなります。
  • ガス給湯器の年間光熱費が10万円であるのに対し、エコキュートでは5万円程度に抑えられる例がある。また、補助金制度を利用することで、導入費用が20万円から15万円に下がるケースも。
  •  ガス給湯器からエコキュートへの変更は、初期費用を考慮しても、長期的な視点で見れば家計に優しい選択肢

さらに、補助金制度の利用により初期費用を軽減できるケースもあります。

ガス給湯器からエコキュートへ: 知って得する基本情報

ガス給湯器の概要:家庭での快適なお湯供給を支える

ガス給湯器は、ガスを燃焼させて直接水を温める装置です。瞬間的に大量のお湯を供給できるため、多くの家庭で利用されています。主な特徴は以下の通り

  • 瞬間的にお湯が利用可能
  • 設置場所を選ばない柔軟性
  • 使用するほどガス代がかかる

ガス給湯器は迅速なお湯供給が魅力ですが、ガス代の負担が大きくなります。

エコキュートとは何か:環境と財布に優しい給湯器

エコキュートは、空気中の熱を利用してお湯を作る次世代給湯器。

電気を使いながらも高い効率性で運用できるため、経済的かつ環境に優しいという特徴が以下

  • 空気の熱を利用して効率的にお湯を生成
  • 電気代の削減が見込める
  • CO2排出量の削減に貢献

エコキュートは環境保護とランニングコスト削減の両方に貢献します。

ガス給湯器とエコキュートの主な違い:選択のポイントを理解する

ガス給湯器とエコキュートは、その機能性と経済性で大きく異なります。

主な違いは以下の通りです

  • 燃料の種類:ガス vs 電気+空気の熱
  • ランニングコスト:ガス代 vs 電気代
  • 環境への影響:CO2排出量の違い

家庭の状況に合わせた給湯器の選択が重要です。

 

エコキュート導入で得られる3つの大きなメリット

エネルギーの一本化と経済性:コスト削減の実現

エコキュートへの変更は、家庭内のエネルギー使用を電気に一本化することで最大メリットを引き出せます。。

  • 夜間電力を利用したお湯の生成で電気代を削減
  • エネルギー効率の良い運用で長期的なコスト削減
  • 一本化によるエネルギー管理のシンプル化

経済性の向上と管理の容易さがエコキュートの大きなメリットです。

 

安全性の向上:火を使わないから家族も安心

エコキュートは火を使わないため、ガス漏れや火事のリスクが大幅に減少します。

安全性の向上は以下のように表れます

  • 火災やガス漏れの心配がない
  • 震災時でも比較的安全に使用可能
  • 子どもや高齢者がいる家庭にも安心

環境への配慮:持続可能な社会への一歩

エコキュートはCO2排出量を削減し、地球温暖化対策に貢献します。

環境への優しい理由が3点

  • 再生可能エネルギーの利用促進
  • 化石燃料依存の軽減
  • エネルギー消費効率の向上

エコキュート導入時の考慮点:デメリットとその対策

初期費用の検討:賢い投資で将来の節約を

エコキュートの導入には初期費用がかかりますが、長期的な節約に繋がります。

  • 補助金や助成金の活用で初期費用を軽減
  • 長期的な電気代の節約を視野に入れた投資
  • 製品選択によるコストパフォーマンスの最適化

初期投資は節約効果で回収可能ですし、今なら補助金を利用すればかなり初期費用(総費用)を安くすることができます。

停電時の影響:事前の備えが安心をもたらす

エコキュートは電気を使用するため、停電時には使用できません。

このリスクは他と連携することで軽減することも可能です。

  • 非常用電源の準備
  • 太陽光発電システムとの連携
  • 停電時でも利用できる貯湯タンクの活用

使用方法の変更と慣れ:新しいライフスタイルへの適応

ガス給湯から急にエコキュートへの切り替えした人は使用方法の変更から慣れが必要です。

  • タイマー機能の活用で効率的なエネルギー使用
  • 最新技術の採用で快適な生活環境の実現
  • 使いこなしのコツを覚えることでより良い使用感を

導入直後はストレスになる人も多いとか

 

ガス給湯器からエコキュートへ: 切り替え費用の全貌

エコキュートの本体費用:投資の第一歩

エコキュートへの切り替えを検討する上で、まず知っておくべきは本体の価格です。

価格は機種によって異なりますが、概ね以下の範囲に収まります:

  • 一般的な家庭用モデル:30万円~50万円
  • 高機能モデル:50万円以上

エコキュートの価格はその機能と容量によって決まります。家庭のニーズに合わせた選択が大切です。

 

エコキュートの設置工事費用:準備と実施

本体を購入した後は、設置工事が必要になります。

この工事費用も予算計画に含める必要があり、以下のような費用が考えられます

  • 基本的な設置工事:10万円~20万円
  • 配管や電気工事が複雑な場合:追加費用が発生することも

設置工事費用は物理的な設置条件により変動します。

当店では工事費用、保証、撤去費用など全てコミコミで、価格表示をしているので費用がわかりやすいと思います。

最終更新日:2024年04月14日

追加の電気工事費用:必要性とその費用

エコキュートを設置する際、既存の電気システムが200V対応でない場合、追加の電気工事が必要になることがあります。

  • 200Vへのアップグレード工事:数万円程度
  • 家全体の電気システム見直し:場合によってはさらに高額に

電気工事の必要性と費用は、現場の条件により異なります。詳細な検討が求められます。

エコキュート導入のコストを賢く抑える方法

補助金制度の利用:公的支援を活用する

エコキュートの導入費用を抑えるために、国や地方自治体の補助金制度を活用しましょう。

  • 国の省エネ補助金:5万円~10万円程度をサポート
  • 地方自治体の補助金:条件によってさらに支援が受けられる場合あり

補助金制度の活用は、エコキュート導入の負担がかなり抑えられます。

補助金対象のエコキュート

メーカーやモデルの比較:最適な選択を

複数のメーカーから提供されるエコキュートの中から、最もコストパフォーマンスが高いモデルを選びましょう。

比較検討するポイントは以下の通りです:

  • 機能と容量:家庭の使用状況に合った選択を
  • 価格と保証:長期的な視点でのコストを考慮する

メーカーやモデルの比較は、賢い購入のための重要なステップです。

各メーカーごとの特徴や価格(補助金含む)をチェックしましょう。

長期的な視点で見るエコキュートのランニングコスト

ガス給湯器とエコキュートの運用費用比較

エコキュートへの切り替えは、ランニングコストの面でもメリットがあります。

ガス給湯器と比較した場合の運用費用は以下

  • エコキュート:深夜電力を利用した低コスト運用
  • ガス給湯器:ガス代によるコストが継続的に発生

エコキュートは、長期的に見ればガス給湯器よりも経済的なのは間違いありません。

 

電気料金プランの選択:さらなる節約を目指して

エコキュートの効率的な運用のためには、電気料金プランの選択も重要です。

お得なプラン選びのポイントは以下の通り

  • 深夜電力プラン:エコキュートの利用に最適な料金プランを選ぶ
  • 契約アンペア数:実際の使用量に合わせた選択を

電気料金プランの選択により、エコキュートの運用コストをさらに抑えることができます。

エコキュートへの切り替えのポイント

家族構成とライフスタイル:ニーズに合わせた選択を

エコキュートを選ぶ際は、家族構成やライフスタイルを考慮することが大切。

  • 家族の人数や生活パターン:使用量に合った容量の選択
  • 環境への関心:エコキュートによる環境貢献度の高さを理解

エコキュート選びは、家庭のニーズに合わせた慎重な選択が求められます。

住宅の条件:設置環境をチェック

エコキュートの設置には、住宅の物理的な条件が適しているか確認する必要があります。

考慮すべきポイントは以下

  • 設置スペース:エコキュートを設置できる十分なスペースがあるか
  • 電気設備:200V対応の電気設備が既にあるか、または設置可能か

普通は現地見積もりをしないと難しいですが、当店のライン見積もりであれば、設置環境等も現地調査なくできる場合もあります。お気軽にお申し付けください。

  • 最短で即日工事
    対応OK
  • ご相談・お見積り
    完全無料!
  • 商品在庫あり
    常時製品入荷中!

※タップでお電話できます。phone_in_talk0120-008-1799時~19時(土日祝も営業)|火曜日定休

対応エリアのご確認 keyboard_arrow_right

大阪

兵庫

京都

滋賀

奈良

和歌山

WEBでお問い合わせの方はこちら