日立エコキュートのエラーコード一覧!原因と対処法をわかりやすく解説

日立製エコキュートのエラーコードの意味とそれに対する簡単な対処法をわかりやすく解説しています。

基本的なエラーコードの意味を理解しておくことで、多くの問題は自宅で簡単に解決できることもあります。

日立製エコキュートのエラーコードについて

エラーコードは、機器の特定の問題を識別し、ユーザーに知らせるための自己診断システムです。

これらのコードは、機器のさまざまなセンサーや部品からのフィードバックを基にしており、具体的なトラブルの診断に役立てています。

例えば、温度センサー異常がある場合、特定のエラーコードが表示され、それに応じた対処法・交換部品を迅速に対応することができます。

お電話で、エラーコードの問題を無料でご相談いただけます!

  • 最短で即日工事
    対応OK
  • ご相談・お見積り
    完全無料!
  • 商品在庫あり
    常時製品入荷中!

※タップでお電話できます。phone_in_talk0120-008-1799時~19時(土日祝も営業)|火曜日定休

対応エリアのご確認 keyboard_arrow_right

大阪

兵庫

京都

滋賀

奈良

和歌山

WEBでお問い合わせの方はこちら

エラーコードが表示される理由

エコキュートのエラーコードが表示される主な理由は、機器内部の異常や環境条件の変化です。

機器が正常に機能しないことを検知すると、安全を確保するために自動的にエラーコードが発生します。

例えば、

  • センサーからの異常値検出が理由でエラーコード発生。
  • 環境要因による異常でエラーコードの発生。

これにより、ユーザーは早期に問題に対処し、さらなる損傷を防ぐことができます。

エラーコードの種類と対処方法

Cから始まるエラーコード

エラーコード 内容と原因 対応方法
C01 沸き上げサーミスター温度異常 台所リモコンの「時」ボタンと「△」ボタンを2秒以上同時押し。
C05 給湯循環ポンプ空運転 タンクユニットの電源を5秒以上切ってから再度オン。リモコンに「メニューボタン 3秒以上押す」と表示された場合はそれも行う。
C09 沸き上げ動作異常 タンクユニットの電源を5秒以上切ってから再度オン。リモコンに「メニューボタン 3秒以上押す」と表示された場合はそれも行う。
C23 浴そう栓抜け異常 タンクユニットの電源を5秒以上切ってから再度オン。リモコンに「メニューボタン 3秒以上押す」と表示された場合はそれも行う。

Eから始まるエラーコード

 

 

エラーコード 内容と原因 対応方法
Er0 タンク温度センサー異常 リモコン表示の「メニューボタン3秒以上押す」でエラーコード解除後、動作確認。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er02 タンク温度センサー(上部75L)異常 リモコン表示の「メニューボタン3秒以上押す」でエラーコード解除後、動作確認。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er03 タンク温度センサー(150L部)異常(560Lは240L部) リモコン表示の「メニューボタン3秒以上押す」でエラーコード解除後、動作確認。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er04 無給水検知異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er05 ふろ温度センサー(ふろ戻り温度センサー)の不具合 リモコン表示の「メニューボタン3秒以上押す」を行う。
Er06 給湯温度センサー異常 リモコン表示の「メニューボタン3秒以上押す」を行う。
Er07 高温水遮断装置付アダプター作動 浴そう内の循環アダプターを水で冷やしてから、リモコンの「高温さし湯」ボタンを押す。
Er08 タンク温度センサー(上部 75L 100℃以上) 異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er10 空焚き タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er11 台所リモコン通信異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er12 ふろリモコン通信異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er13 サブリモコン通信異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er14 給湯温度異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er15 ふろ(注湯)流量異常 断水している場合⇒断水復旧を待つ。配管が凍結している場合⇒自然解凍を待つ。給水止水栓が閉まっている場合⇒給水止水栓を開く。上記対応後、リモコン画面の指示に従いエラー解除。もしくはタンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er16 注水電磁弁異常(開いているのに流れない) 断水している場合⇒断水復旧を待つ。配管が凍結している場合⇒自然解凍を待つ。給水止水栓が閉まっている場合⇒給水止水栓を開く。上記対応後、リモコン画面の指示に従いエラー解除。もしくはタンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er17 給湯混合弁ロック タンクユニットの電源スイッチを切り、5秒後に入れ直す。リモコンで設定した給湯温度のお湯・水が蛇口から出るか確認する。熱湯が出て火傷する可能性があるので注意。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er18 ふろ(注湯)電磁弁異常(閉まっているのに流れる) タンクの電源を5秒以上切ってから電源を入れ直す。電源の入れなおし後、リモコンに「メニューボタン 3秒以上押す」と表示されている場合は、リモコン操作。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er19 注水電磁弁異常(閉まっているのに流れる) タンクの電源を5秒以上切ってから電源を入れ直す。電源の入れなおし後、リモコンに「メニューボタン 3秒以上押す」と表示されている場合は、リモコン操作。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er21 ふろ往き(湯はり・注湯)温度センサー異常 リモコン表示の「メニューボタン 3 秒以上押す」操作を行いエラー解除。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er22 ふろ配管異常(ポンプOFFで水流スイッチON) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。リモコンに解除方法が表示されている場合はリモコン操作。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er23 ふろ配管異常(ポンプONで水流スイッチOFF) ふろの浴そう栓が抜けている場合⇒浴そう栓をつける。ふろ循環アダプターが汚れている場合⇒ブラシ掃除でゴミや異物を取り除く。浴そうの水位がふろ循環アダプターより低い場合⇒水位を上げて動作確認。タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。上記いずれかの対応を行っても改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er24 水位センサー異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er25 ふろ切替弁の異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er26 ふろ温度異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er27 給水電磁弁異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er28 中温水温度異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er29 補給水電磁弁異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er30 給水圧低下 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er31 HP(ヒートポンプユニット)通信異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er32 凍結防止三方弁異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er33 給湯三方弁異常 タンクユニットの電源スイッチを切り、5 秒後に入れ直す。リモコンで設定した給湯温度のお湯・水が蛇口から出るか確認する。熱湯が出て火傷する可能性があるので注意。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er34 給水電磁弁異常(開いているのに流れない) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er35 シスターン水位異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er37 給湯循環ポンプ異常(給湯流量あるのにポンプ無回転) リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er38 ふろ(湯はり)混合弁ロック リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er39 給湯ポンプ異常(ポンプ無回転) タンクの電源スイッチを5秒以上切ってから再度電源を入れ、リモコンの操作案内に従ってください。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er40 熱回収三方弁(熱交三方弁)異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er41 熱回収混合弁ロック リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er42 補助熱交三方弁異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er43 熱交出口温度センサー異常 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er44 浴暖往き温度センサー異常 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er45 I/O基板通信異常、基板コネクターの接触不良 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er46 循環ポンプ異常(ポンプ停止しているのに流れている) リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er47 熱交換器出口サーミスター異常 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er48 床暖往き温度センサー異常 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er49 中温水混合弁ロック リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er50 貯湯タンクユニット制御基板異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er52 タンク温度センサー(225L)異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er53 タンク内部温度センサー異常 リモコン操作によるエラー解除後、タンクの電源を切って再度オン。改善しない場合は専門の修理業者に連絡してください。
Er54 タンク戻り温度センサー、暖房戻り温度センサー異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er55 付加機能基板(暖房用基板)異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er56 湯はり温度異常 リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er57 ふろ往き・戻り温度センサーの温度不一致 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er58 中温水温度センサー異常 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er59 給湯温度センサー異常 リモコン操作によるエラー解除後、タンクの電源を切って再度オン。改善しない場合は専門の修理業者に連絡してください。
Er60 高温水遮断装置作動 温度が下がるのを待ってから、リモコンの「再起動」操作を行う。それでも改善しない場合は修理を依頼してください。
Er61 タンク出口温度センサー異常 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er62 熱交換器出口温度センサー異常 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er63 水温センサー異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er64 給湯循環ポンプ異常(ポンプ回転指示無いのに回転) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er65 制御系統の異常 リモコンの操作に従ってエラーをリセットし、タンクの電源を再起動してください。改善しない場合は専門家に連絡してください。
Er66 給湯系統圧力異常 システムの圧力を確認し、適切なレベルに調整してください。改善しない場合はメーカーに修理を依頼してください。
Er67 補給水異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er68 水温異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。エラー解除できない場合や改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er69 熱源装置の温度異常 リモコンでエラーコードをリセットし、必要に応じて熱源装置の設定を確認し調整してください。改善しない場合は修理を依頼してください。
Er70 タンク最下部温度センサー(最下部)異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。エラー解除できない場合や改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er71 追いだき混合水異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er72 循環調整弁ロック タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er73 追いだき温度センサー異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。エラー解除できない場合や改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er74 上部温度過昇防止器作動 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er75 下部温度過昇防止器作動 メーカーや施工会社に修理・点検を依頼してください。
Er76 タンク温度センサー(最頂部)異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。エラー解除できない場合や改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er77 循環ポンプ異常(回転指示なしに動作) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er78 水温測定サーミスタ異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er79 給水系統の圧力異常 システムの圧力設定を確認し、必要に応じて調整してください。改善しない場合は専門家に相談してください。
Er80 給水温度センサー異常 リモコンの操作案内に従いエラー解除。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er81 熱交換器温度異常 熱交換器のチェックと清掃を行い、異常が続く場合は専門家に修理を依頼してください。
Er82 ふろ循環ポンプ異常(動作指令だが動かない) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er83 ふろ循環ポンプ異常(停止指令なのに動く) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er84 流量調整弁ロック タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er85 ふろ機能ポンプ異常(動作指令だが動かない) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er86 ふろ機能ポンプ異常(停止指令なのに動く) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er87 給水制御異常 水道の供給状況を確認し、リモコンの指示に従ってエラーをリセットしてください。問題が続く場合は専門家に修理を依頼してください。
Er88 ふろ加圧ポンプ異常(動作指令だが動かない) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er89 ふろ加圧ポンプ異常(停止指令なのに動く) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er90 中温水流量異常(電磁弁開なのに流れない) タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er91 中温水流量異常(電磁弁閉なのに流れる) リモコンに操作案内がある場合は、リモコン操作。ない場合はタンクの電源スイッチを5秒以上切ってから入れなおす。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
Er99 タンク内漏水検知 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。

Hから始まるエラーコード

エラーコード 内容と原因 対応方法
HE01 冷媒漏れ異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE03 冷媒圧力高圧異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE04 冷媒出口サーミスター異常 台所リモコンの「時」ボタンと「△」ボタンを2秒以上同時押し。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE05 給水(水熱交入口)サーミスター異常 リモコン表示の「メニューボタン 3 秒以上押す」操作。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE06 給水(水熱交出口)サーミスター異常 リモコン表示の「メニューボタン 3 秒以上押す」操作。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE07 空気熱交(蒸発器)出口サーミスター異常 リモコン表示の「メニューボタン 3 秒以上押す」操作。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE08 空気熱交(蒸発器)入口サーミスター異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE09 外気温サーミスター異常 リモコン表示の「メニューボタン 3 秒以上押す」操作。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE10 水熱交出口冷媒温度サーミスター異常 リモコン表示の「メニューボタン 3 秒以上押す」操作。エラー解除できない、改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE11 圧縮機出口温度サーミスター異常 リモコン表示の「メニューボタン 3 秒以上押す」操作。エラー解除できない、改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE14 インバーター基板~制御基板間の通信異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE15 ファンモーター異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE16 循環ポンプ異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE17 沸き上げサーミスター温度異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE18 冷媒吐出温度異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE19 冷媒吐出温度異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE20 沸き上げサーミスター温度異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE21 沸き上げサーミスター温度異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE22 水系循環異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE23 インバーター過電流異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE24 インバーター入力電流異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE25 力率改善回路異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE26 圧縮機始動不良 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE27 電源電圧異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE28 インバーター異常 台所リモコンの「時」ボタンと「△」ボタンを2秒以上同時押し。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE29 インバーター過負荷検知 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE31 圧力センサー異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点椎を依頼。
HE32 除霜電磁弁異常 台所リモコンの「時」ボタンと「△」ボタンを2秒以上同時押し。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE40 コントロール部EEPROM異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点検を依頼。
HE41 インバーター部EEPROM異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点椎を依頼。
HE44 その他のインバーター異常 タンクの電源スイッチを5秒以上切って電源を入れ直す。改善しない場合はメーカーや施工会社に修理・点椎を依頼。

エラーコードのリセット方法

リモコン操作によるエラーコードのリセット

日立エコキュートはリモコンを使って簡単にリセットすることが可能です。

  • リモコンの「メニュー」ボタンを3秒以上長押し
  • 5秒以上漏電遮断器をオフにして、再度オンにする

リセットは、2通りあるのでリモコンでできる簡単な方から行ってみましょう。

自分のエコキュートシリーズがわからないという方は、日立公式のエコキュート取扱説明書で検索するとわかりやすいと思います。

エラーコード別トラブルシューティング

水温センサーエラーのトラブルシューティング

水温センサーからのエラーは、センサー自体の故障や、センサーが水温の異常を感知した場合に発生します。

  • センサー故障時は交換が必要です。
  • 不具合が軽微な場合は、リセットまたは再調整で修正可能です。

この問題を解決するためには、センサーの点検や交換が必要ですが、簡単なリセット操作で解決することもあります。

電源関連のエラーコードとその対応

電源トラブル・電源関連のエラーコードが表示された場合、基本的な電源チェックや、安全ブレーカーの確認を行うことが推奨されます。

  • 電源コードの接続確認と、コンセントの点検を行います。
  • ブレーカーが落ちていないかも確認が必要です。

電源問題は問題なければ基本的なチェックで解消されます。

解決できない=修理や部品交換が必須になってきます。

通信エラーと対応策

エコキュートのリモコンと本体間の通信エラーは、リモコンが正しく本体と通信できないことが原因。

この問題に対処するためには、リモコンのリセットや通信設定の再確認が効果的です。

  • リモコンのバッテリー交換を試みることが一つの解決策。
  • 通信路の障害物を取り除くことも重要。

リモコンだけでなく、本体のリセットでも解決することがあります。

修理とメンテナンス

エラーコードが示す修理の必要性

エラーコードの出現は、何らかの潜在的な問題や故障を早期に察知するための重要な指標となります。

  • 修理が必要なエラーコードを見落とすと、大きな故障につながることがあります。
  • 定期的なメンテナンスはエラーコードの発生を防ぎます。

リセットして解決したから大丈夫!というわけではありません。

修理の費用と見積もり

エコキュートの修理費用は、エラーコードの種類と故障の程度によって大きく異なります。

お電話でのヒアリングでエラーコード・エコキュートの状態などを把握することで、事前に修理費や対応をお伝えすることができます。

事前に正確な見積もりを取ることで、不意の出費を避けることができます。

エコキュート激安革命までお気軽にご相談ください!

 

  • 最短で即日工事
    対応OK
  • ご相談・お見積り
    完全無料!
  • 商品在庫あり
    常時製品入荷中!

※タップでお電話できます。phone_in_talk0120-008-1799時~19時(土日祝も営業)|火曜日定休

対応エリアのご確認 keyboard_arrow_right

大阪

兵庫

京都

滋賀

奈良

和歌山

WEBでお問い合わせの方はこちら

修理を依頼する際の注意点

エコキュートの修理を依頼する前に、修理の詳細な内容や保証についても事前に確認することがおすすめ。

  • 工事された修理業者の保証の利用が最も安くスムーズです。
  • まずは保証内容をしっかりと確認しましょう。

10年以上経過して、保証が切れている可能性が高くなるので、現地調査エリア内のエコキュート専門業者に連絡が得策です。

まとめ

エラーコード管理の重要性

日立製エコキュートにおけるエラーコードの管理は、システムの健全性を維持し、効率的な運用を確保するために極めて重要。

エラーコードを適切に理解し対応することで、小さな問題が大きな故障に発展するのを防ぐことができます。

  • 初期段階でのトラブル発見による修理コストの削減
  • システムの寿命を延ばし、持続可能な性能の維持
  • 安全な水温の確保と快適な生活環境の提供

エラーコードの迅速な解決は、不便なく安心してエコキュートを使用するために不可欠です。