エコキュートのメーカー保証比較!長く使用する設備だから保証面はおさえておきたい!

今回は、エコキュートの主要メーカーについて、各企業が行っているエコキュートに対するメーカー保証をまとめて比較してみたいと思います。エコキュートは、近年人気の給湯器で、日本国内で広く普及しているガス給湯器とは異なり、電気でお湯を沸かすシステムです。お湯を沸かす際に、直接火を使うことがありませんし、火災の心配も少なく、温室効果ガスの排出量も大幅に少なくなるため、普通の生活をしているだけで地球環境の保全に一役買えるという非常に素晴らしい給湯器です。さらにエコキュートは、ヒートポンプ技術を使って大気中の熱を効率よく使うということや、貯湯タンクにお湯を貯め置きできるというシステム構成上、安い深夜帯の電気でお湯を沸かすことができるようになるため、ガス給湯器と比較しても圧倒的に給湯コストを削減できるという家計にも優しい給湯器となっているのです。

このようなエコキュートのメリットが認識されてきた近年では、ガス給湯器からエコキュートへ入れ替えするご家庭も急増しています。それでは、皆さんがエコキュートの導入を検討したときには、どういった事に注目して機種選びを進めるでしょうか?多くの方は、導入にかかるコストを比較して「できるだけ安いエコキュートを!」と考えるのではないでしょうか。
もちろん、こういったエコキュートの機種選びも間違っていませんが、エコキュートを導入する場合には、10年以上にわたって使用する住宅設備になるということを忘れてはいけません。つまり、エコキュートは購入した時点での安さだけでなく、長く使用する上での故障や、万一故障した際にどういった保証があるのかということも考慮しておく方が、総額のコストを削減できるようになるわけです。

そこで今回は、エコキュートの主要メーカーについて、それぞれの企業が行っているエコキュートのメーカー保証の違いを比較してみたいと思います。

そもそもエコキュートの寿命って

どのような住宅設備でも、一度購入すれば、その設備が一生使用し続けることができる…なんてことはありません。エコキュートも同様で、一般的なエコキュートの耐用年数は10~15年程度と言われており、10年程度使用していればエラーが多発してしまうようになることも珍しくありません。

ただし、エコキュートに関しては、2001年に初めて発売された設備となるため、寿命に関する正確なデータが少ないので、15年以上問題なく利用できる場合もあるでしょう。実際に、弊社でも長くエコキュートを取り扱っていますが、10年程度で致命的な故障が頻繁に生じる…なんてことはなく、かなり丈夫な住宅設備といって良いでしょう。なお、エコキュートに使用されている配管や弁などは、毎日お湯が行き来することで徐々に摩耗してしまいますし、他の部品に関しても7年程度で交換が推奨されている場合がありますので、そういった小さな不具合を無視してしまうと、本来の耐用年数も持たず故障してしまう…なんてことになる場合もあります。

また、エコキュートは、配管部分、配線、ヒートポンプユニット、タンクユニットなどと、さまざまなものが複雑に組み合わさっているため、一部の故障で全体の機能として使えなくなってしまいます。したがって、定期的な点検やメンテナンスを欠かさずに行わなければならない給湯器であることは間違いありません。つまり、こういったメンテナンスや、小さな不具合を修正するためのメーカー保証が非常に重要になるということです。

関連記事:エコキュートの寿命耐用年数は?買い替え目安や修理・交換の判断

エコキュート主要メーカーの保証について

それでは、主要エコキュートメーカーの保証内容を一覧にしてご紹介してみましょう。どのメーカーでも、基本となる無償保証が用意されており、無償保証では不安だ…という方は、別途料金を支払って有償保証に入るといった感じとなっています。

メーカー 無料保証 延長保証
本体※1 冷媒※2
回路
タンク
(缶体)
期間 保証料
(税抜)
ダイキン 1年 3年 5年 10年 28,000円
パナソニック 1年 3年 5年 8年 23,333円
5年 10,476円
日立 1年 3年 5年 10年 23,381円
7年 20,954円
三菱電機 2年 3年 5年 8年 23,238円
5年 10,800円
東芝 5年 5年 5年 10年 28,381円
8年 18,095円
コロナ 2年 3年 5年 10年 28,381円
8年 23,238円
5年 10,800円

※1 本体:タンク・冷媒回路以外の機器
※2 冷媒回路:圧縮機、熱交換器、配管など

各メーカーの保証については上記のようになっています。こう見ると、メーカーごとに保証年数などがかなり違うということがわかります。当然のことですが、実際の保証内容に関してもメーカーによっては異なりますので、エコキュートの機種選びをするときには、導入時のコストだけを比較するのではなく、付帯されるメーカー保証で「どこまでを保証してくれるのか?」という点も比較しておいた方が良いと思います。
なお、エコキュートを導入する際には、上記のメーカー保証だけでなく、販売店が独自に行っている保証内容もきちんと確認しておくのがオススメです。最近では、水害が増加していますので、屋外に設置されることが基本となるエコキュートの場合、こういった自然災害に対する保証も確認しておきましょう。

各メーカーの保証詳細について

メーカー保証については、各企業が詳細な内容を説明した特設ページのようなものを作っています。メーカーごとの保障内容を比較する場合には、最後にそれぞれのサイトをチェックしておくのがオススメです。

ダイキンの保証内容について
ダイキンの保証詳細:ダイキン延長保証サービス(有償)はコチラ
受付時間:365日24時間
電話番号:0120-88-1081
FAX番号:0120-07-0881
パナソニックの保証内容について
パナソニックの保証詳細:パナソニック長期安心修理サービスはコチラ
受付時間:365日9:00~20:00
電話番号:0120-878-365
FAX番号:0120-878-236
日立の保証内容について
日立の保証詳細:なし
受付時間:365日24時間
電話番号:0120-649-020
FAX番号:0120-649-021
三菱電機の保証内容について
三菱電機の保証詳細:三菱電機延長保証についてはコチラ
受付時間:365日9:00~20:00
電話番号:0120-878-365
FAX番号:0120-878-236
東芝の保証内容について
東芝の保証詳細:東芝延長保証についてはコチラ
受付時間:365日24時間
電話番号:0120-1048-19
携帯・PHS:03-5365-7420
FAX番号:0947-32-2892
コロナの保証内容について
コロナの保証詳細:コロナ延長保証についてはコチラ
受付時間:365日24時間
電話番号:0120-919-302
携帯・PHS:0570-550-992

まとめ

今回は、エコキュートの導入を検討している方であれば、注意深く比較してほしいメーカーごとの保証内容についてご紹介しました。
この記事でご紹介したように、エコキュートを導入する場合には、どうしても導入コストばかりに目が行ってしまうという方が多く、購入後の運用についてあまり注目していない人が少なくありません。もちろん、エコキュートの導入はそれなりのコストがかかってしまいますので、「初期費用をできるだけ削減したい…」という気持ちになってしまうのは致し方ないことでしょう。しかし、価格ばかりを気にして、保証面を無視してしまうと数年後に後悔してしまうことになりかねないのです。上述したように、エコキュートは、一度購入すれば、一生その機械が使用できるわけもなく、経年劣化による部品交換などもしなければいけないのです。

メーカーなどが用意している有償保証については、費用を気にして入らない人も少なくありませんが、万一故障した時の事を考えるとこれほど心強いものはないでしょう。エコキュートは、10年以上も使用し続ける住宅設備となりますので、将来のことも考えて機種選びをするのがオススメです。結果的にそれが総額のコストを削減することにもなるかもですよ。