スペース制約でも大丈夫! 狭小スペースに設置できるエコキュートを紹介

狭いスペースにもエコキュートを上手に設置することは可能です。。

最近では、メーカーもスペースを取らない薄型やコンパクトタイプのエコキュートを開発しているため、狭い場所にもフィットするモデルが増えています。

例えば、壁にピッタリ設置できる薄型モデルや、高さを抑えた低背タイプのエコキュートは、狭小スペースにも適しています。さらに、屋外の見えにくい場所や、家の隅に設置することで、スペースを有効活用できます。

狭いスペースでも、適切なエコキュートを選ぶことで、賢く設置することが可能です。

このように、エコキュートの設置は、スペースが限られている場合でも、適切なモデルを選び、場所を工夫することで解決できます。狭いスペースでも快適にエコキュートを使用するために、このポイントをぜひ参考にしてください。

激安革命ではこんな感じで、最も良いスペースを見つけて丁寧に設置しています。

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

三菱 (SRT-S466U)

公開日: 2024年06月18日

大阪府豊能郡のダイキンエコキュート交換

大阪府豊能郡のダイキンエコキュート交換

ダイキン (EQX37XFV)

公開日: 2024年06月05日

京都府京都市のダイキンエコキュート交換

京都府京都市のダイキンエコキュート交換

ダイキン (EQX37XFV)

公開日: 2024年05月28日

奈良県奈良市の日立エコキュート交換

奈良県奈良市の日立エコキュート交換

日立 (BHP-FV46WD)

公開日: 2024年05月20日

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

三菱 (SRT-S466)

公開日: 2024年05月17日

エコキュートの理想的な設置場所

家庭内での最適な位置

エコキュートを家に導入する際、最適な設置場所を見つけることは非常に重要です。

理想的な場所は、毎日の生活でお湯を最も多く使うキッチンやお風呂が近い場所です。

  • キッチンやお風呂からの距離が近い
  • ヒートポンプユニットからの音が生活に影響しない場所
  • 設置スペースが十分にある場所

この理由はシンプルです。お湯を運ぶ距離が短ければ短いほど、熱が逃げにくく、エネルギーの無駄遣いを防ぐことができるからです。

スペース要件とヒートポンプユニット・貯湯タンク

エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯タンクの二つの主要部分から構成されます。

これらの設備を設置するためには、それぞれが十分なスペースを必要とします。ヒートポンプユニットは外気から熱を取り込むため、良好な通風が確保された場所に設置する必要があります。

  • ヒートポンプユニット:通風良好で、直射日光が当たらない場所
  • 貯湯タンク:屋内の保温性の高い場所、または屋外でも保護措置を施した場所

一方、貯湯タンクは大量のお湯を貯めるために、比較的大きなスペースを取ることが多いです。

スペースが限られている場合の解決策

薄型エコキュートの選択

スペースが限られている家庭でエコキュートを導入したい場合、薄型のモデルが最適な選択肢となります。

薄型エコキュートは、奥行きが少なく設計されており、狭いスペースにもフィットしやすい特徴があります。

これにより、屋外の狭い通路や、家の壁沿いなど、限られたスペースにもスマートに設置することが可能になります。

薄型エコキュートのメリット

  • 狭いスペースに設置可能
  • 見た目がスリムで、住宅の外観を損ねない
  • 設置場所の選択肢が増える

激安革命でも薄型エコキュートの施工事例も多くあり、スマートに設置可能です。

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

三菱 (SRT-S466U)

公開日: 2024年06月18日

大阪府豊能郡のダイキンエコキュート交換

大阪府豊能郡のダイキンエコキュート交換

ダイキン (EQX37XFV)

公開日: 2024年06月05日

京都府京都市のダイキンエコキュート交換

京都府京都市のダイキンエコキュート交換

ダイキン (EQX37XFV)

公開日: 2024年05月28日

奈良県奈良市の日立エコキュート交換

奈良県奈良市の日立エコキュート交換

日立 (BHP-FV46WD)

公開日: 2024年05月20日

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

三菱 (SRT-S466)

公開日: 2024年05月17日

過去の施工事例を見る

コンパクトタイプエコキュートの選択

さらにスペースを節約したい場合は、コンパクトタイプのエコキュートが適しています。このタイプは、特に狭小住宅やマンションに最適で、限られた場所でも快適にお湯を利用することができます。

コンパクトタイプは、貯湯容量を少なくすることでサイズを小さくしており、小さな家族や一人暮らしに最適な解決策となります。

コンパクトタイプエコキュートの利点

  • 狭いスペースに最適化されたデザイン
  • 小家族や一人暮らしに適した貯湯容量
  • 省スペースでも快適なお湯利用を実現

コンパクトタイプのエコキュートを選ぶことで、限られたスペースでも快適にお湯を使用することが可能です。

エコキュート設置の際の注意点

浴室との距離

エコキュートを設置する際には、浴室との距離を十分に考慮する必要があります。

理想的には、浴室とエコキュートの間の距離が短いほど良いです。なぜなら、距離が短いほどお湯の温度低下を抑えられ、エネルギー効率が向上するからです。

浴室とエコキュートの距離を考慮する理由は以下の3点

  • お湯の温度低下を最小限に抑える
  • エネルギー効率を向上させる
  • お湯が出るまでの時間を短縮する

浴室とエコキュートの距離が近いほど、エネルギー効率が良く、お湯が出るまでの時間も短くなります。

 

音の管理:隣家との距離

エコキュートの設置場所を選ぶ際には、ヒートポンプユニットから発生する音にも注意が必要です。

特に、隣家との距離が近い場合には、音が問題となることがあります。

  • ヒートポンプユニットは、隣家から適切な距離を保つ
  • 防音対策を施した設置場所を選ぶ
  • 設置場所の選定に際して、隣人とのコミュニケーションを取る

適切な場所に設置することで、隣人への影響を最小限に抑えることができます。

ヒートポンプユニットの設置方向

エコキュートのヒートポンプユニットを設置する際には、その方向も考慮する必要があります。

ヒートポンプユニットは空気を取り込むために、周囲の空気の流れに影響されます。

ヒートポンプユニットの設置方向の重要性があって、

  • 効率良く空気の熱を取り込むため
  • 周囲の障害物による空気の流れの妨げを避けるため
  • 最適な性能を発揮させるため

適切な方向に設置することで、効率良く熱を取り込むことが可能になります。

狭小スペースでも設置可能なエコキュートモデル

各メーカーで色々な小スペースでも設置可能なモデルが販売されています。

激安革命では各メーカーのエコキュートを安い順に表示しているので、お値段を踏まえながら小スペースのお得な商品を探すことができますよ。

ロゴをクリックすると、各メーカーごとの安い順に表示されます。

ダイキンの薄型エコキュート

ダイキンの薄型エコキュートは、限られたスペースでも設置可能な設計が特徴です。このモデルは、スペースを有効活用しながらも、高いエネルギー効率と快適なお湯の供給を実現します。ダイキンの技術力により、狭小スペースでも快適な生活をサポートします。

  • スペース効率の高い設計
  • 高いエネルギー効率
  • ダイキン独自の快適機能を搭載

ダイキンエコキュートを見る

三菱の薄型エコキュート

三菱の薄型エコキュートもまた、狭いスペースに適したモデルです。このエコキュートは、コンパクトながらも、家族全員が快適に使える十分なお湯の量を確保しています。

三菱の先進技術により、スペースを有効活用しながらエコに暮らすことが可能です。

  • コンパクトな設計でスペースを取らない
  • 家族全員が使える十分なお湯の量
  • エコな生活をサポートする先進技術

三菱エコキュートを見る

パナソニックの薄型エコキュート

パナソニックの薄型エコキュートは、デザインと機能性を兼ね備えたモデルです。狭小スペースでも美しくフィットするデザインと、省エネルギー性能に優れた機能で、快適な暮らしをサポートします。

パナソニックのエコキュートは、家計にも環境にも優しい選択です。

  • 美しいデザインが特徴
  • 省エネルギー性に優れ、コスト削減に貢献
  • 快適なお湯の供給を実現

パナソニックエコキュートを見る

エコキュートの設置場所に関するよくある質問

エコキュートは屋外に設置する必要があるのか?

多くの方が疑問に思うことの一つに、エコキュートは必ず屋外に設置しなければならないのか、という点があります。

実は、エコキュートのヒートポンプユニットは、効率的に空気の熱を取り込むために、屋外に設置することが一般的です。

しかし、貯湯タンクは屋内に設置することも可能で、設置場所は家の構造や条件によって変わります。

貯湯タンクとヒートポンプユニットは分離可能か?

実際、多くのエコキュートでは、この二つを分離して設置することが可能です。

これにより、設置場所に柔軟に対応することができ、より多くの家庭でエコキュートを導入することが可能になります。

  • 家の構造に合わせた柔軟な設計が可能
  • メンテナンスがしやすくなる場合もある

設置スペースが足りない場合の対応策は?

設置スペースの制限がエコキュートの導入を難しくしている場合、いくつかの対応策があります。

薄型やコンパクトタイプのエコキュートを選ぶことで、限られたスペースにもフィットするモデルを見つけることができます。

また、貯湯タンクとヒートポンプユニットの分離設置を利用することで、より柔軟にスペースを活用することが可能になります。

難しいスペースでの実績も多々ありますので、お問い合わせをいただき現地調査もさせていただけますよ!

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

三菱 (SRT-S466U)

公開日: 2024年06月18日

大阪府豊能郡のダイキンエコキュート交換

大阪府豊能郡のダイキンエコキュート交換

ダイキン (EQX37XFV)

公開日: 2024年06月05日

京都府京都市のダイキンエコキュート交換

京都府京都市のダイキンエコキュート交換

ダイキン (EQX37XFV)

公開日: 2024年05月28日

奈良県奈良市の日立エコキュート交換

奈良県奈良市の日立エコキュート交換

日立 (BHP-FV46WD)

公開日: 2024年05月20日

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

奈良県北葛城郡の三菱エコキュート交換

三菱 (SRT-S466)

公開日: 2024年05月17日

  • 最短で即日工事
    対応OK
  • ご相談・お見積り
    完全無料!
  • 商品在庫あり
    常時製品入荷中!

※タップでお電話できます。phone_in_talk0120-008-1799時~19時(土日祝も営業)|火曜日定休

対応エリアのご確認 keyboard_arrow_right

大阪

兵庫

京都

滋賀

奈良

和歌山

WEBでお問い合わせの方はこちら

貯湯タンクのバリエーション

それでは、エコキュートの貯湯タンクに用意されているバリエーションをご紹介していきましょう。エコキュートを選択する際には、タンクサイズについて『角型』や『薄型』などと記載されているのですが、どれを選択するのかによって設置スペースの要件が変わってくるのです。
元々は角型と呼ばれるタンクで展開されていたのですが、これでは導入が難しいという家庭からの声もあり、最近ではご自宅の設置スペースに合わせた貯湯タンクが選べるよう、バリエーションが増えているのです。通常のエコキュートでは導入が難しい場合でも、置き場所に応じてタンクを変えることで導入が可能になる場合もあるのです。

角形タイプ

エコキュートの貯湯タンクで、一番ベーシックなタイプが『角型タイプ』と呼ばれるものです。このタイプの貯湯タンクは、どのメーカーでも販売しているタンクの形状で、メーカーによって複数の容量が用意されています。一般的には、上述した370L、460L、540L程度の3パターンで展開されています。

サイズについて
タンク容量によって微妙に必要とされるスペースは変わりますが、ここでは最も一般的な370Lタイプのエコキュートを設置する場合を参考にご紹介しておきます。370Lタイプのエコキュートを導入する場合、エアコンの室外機ぐらいの大きさをしたヒートポンプユニットに加え、貯湯タンクを設置しなければいけません。タンクのサイズは「高さ 約1,830~1,860mm/ 幅 約630~650mm/ 奥行き 約730~750mm」程度となります。
ちなみに、タンク容量を大きくした場合でも底面積はほとんど同じ大きさで、高さが300mm~350mm程度高くなります。

薄型タイプ

近年人気になっているのが『薄型タイプ』と呼ばれるエコキュートです。これは、上述した角型タイプでは設置が難しい場合のために開発されたもので、タンクの奥行を少なくしたタイプとなります。
薄型タイプのエコキュートに関しては、販売しているメーカーが絞られますので注意しましょう。現在では、パナソニック、ダイキン、コロナがメインとなり、370Lと460Lの薄型タイプを販売しています。東芝や三菱電機でも薄型タイプのエコキュートは販売していますが、タンク容量が基本1種類ですので、購入前にきちんと調べておくことがオススメです。

サイズについて
薄型タイプのエコキュートは、角型タイプのタンクを横に引き延ばして奥行きを少なくしたものと考えていただければ問題ありません。370Lタイプの貯湯タンクであれば、『高さ 約1,810~1,840mm/ 幅 約1,075~1,090mm/ 奥行き 約440~460mm』程度のサイズになるなど、角型よりも幅は広いものの、約300mm程度奥行きが狭まっています。このタイプであれば設置可能という場所も増えますので、通常のエコキュートが設置できない…と言われた方は薄型を検討しましょう。

低背タイプ

高さが問題となりエコキュートの設置が難しいという方には『低背タイプ』と呼ばれるエコキュートが販売されるようになっています。このタイプは、底面積は角型タイプとほぼ同じなのですが、高さを抑えたモデルとなっています。現状は、パナソニックからしか販売されていませんので、特定のメーカーにこだわりがある方でも、設置要件によってはパナソニック製エコキュートを選ばなければならないことがあります。なお、タンク容量は現状300Lタイプのみの展開となっています。

サイズについて
低背タイプのエコキュートは、貯湯タンクのサイズが『高さ 約1,530mm/ 幅 約600mm / 奥行き 約680mm』となっており、底面積は角型タイプとほぼ同じです。しかし、高さを300mm程度もカットしていますので、設置要件がかなり緩和されています。ただし、タンク容量が300Lと少し心もとないため、少人数の家族構成や、あまりお湯を利用しないというご家庭でなければあまりオススメできません。

スリムタイプ

コロナが販売している省スペース型エコキュートには『スリムタイプ』と呼ばれるものもあります。このタイプのエコキュートは、その名称からイメージできるように、角型タイプのタンクを全体的にスリムにした感じとなります。スリムタイプのエコキュートに関しては、現状コロナでしか販売しておらず、300L容量と460Lの2種類が販売されています。2~3人家族であれば300Lでも問題ないと思いますが、それ以上であれば多少奥行きと高さが増加してしまいますが460Lタイプが良いでしょう。

サイズについて
スリムタイプは、角型タイプの底面積そのものを小さくしたサイズとなります。実際の300Lモデルのサイズで『高さ 約1,870mm/ 幅 約600mm/ 奥行き 約610mm』となっており、幅と奥行きがかなりコンパクトになっているのがわかります。細長い外観のエコキュートになりますので、角型タイプと比較すれば格段に省スペースを実現します。

コンパクトタイプ

容量もサイズも全体的に小さくしたものが『コンパクトタイプ』と呼ばれるエコキュートです。このタイプは、マンションなどでもエコキュートの導入ができるように考えられたタイプとなり、『ライトタイプ』や『ネオキュート』などとも呼ばれています。最近では、大手メーカー各社がこのコンパクトサイズの物を販売しているのですが、メーカーによってタンク容量が違ってきますので注意しましょう。一般的なコンパクトサイズのエコキュートは、180Lや195Lという容量となっているため、一人暮らしや二人暮らしのご家庭以外では少し心もとないタイプと言えます。

サイズについて
コンパクトタイプのエコキュートは、メーカーによって容量が異なるため、そのサイズも微妙に変わってしまいます。参考としてパナソニックの195Lタイプで『高さ 約1,890mm/ 幅 約440mm/ 奥行き 約560mm』となっており、非常にコンパクトなのがわかります。モノによっては、通常の370Lタイプのタンクを設置できるスペースがあれば、本体も収まるというような物もありますので、設置場所に困っている…という方にはオススメです。

まとめ

エコキュートの導入を考える際には、理想的な設置場所の選定から、スペースの制約に対する解決策、そして設置の際の注意点まで、多くのポイントを考慮する必要があります。

適切なモデルの選択と設置場所の工夫により、快適でエコな暮らしを実現することが可能です。このガイドが、エコキュートの導入を検討しているすべての人に役立つことを願っています。

要点まとめ: エコキュートの理想的な設置場所を見つけ、スペースの制約に対応しつつ、設置の際の注意点を理解することが重要です。

工事屋さんの直接販売だからこんなに安い!
エコキュート激安革命

関西エリアで、住宅設備電気工事を25年以上にわたり行っている専門業者。年間1,000件以上のエコキュート工事・交換の実績あり。電気工事士2種、給水装置工事主任技術者、ガス簡易内管施工士の資格を有し「エコキュート激安革命」というプロフェッショナル企業として、常に技術と知識をアップデートしています。

運営者情報お問い合わせ

今月のおすすめエコキュートはこちら