IHコンロの寿命は?交換を考えた方が良い症状や買い替えにかかる費用をご紹介!

オール電化住宅に住んでいる方であれば、調理にIHクッキングヒーターを利用していると思います。一昔前のIHコンロであれば、火力が弱い…などの問題もあり、オール電化を導入するときのネックにもなっていたと言われます。しかし、最近のIHコンロに関しては、「調理の際にIHコンロだから困る…」なんて場面も少なく、十分な火力を得られると言われています。そもそも別記事でもご紹介していますが、熱効率に関してはガスコンロよりもIHコンロの方が優れていると言われますし、火を利用しないということから住宅火災の不安が無くなる、オール電化で光熱費削減を目指せるなどのメリット面の方が大きくなっていると思います。

しかし、オール電化を導入してIHクッキングヒーターを利用し始めた場合には、設備の耐用年数が気になる…という方が多いのではないでしょうか?ガスコンロであれば、火力が弱くなっているなど、劣化を目で確認することもできますが、IHコンロの場合、表面的に劣化を感じるのは難しいものです。さらに、ガスコンロよりも複雑な作りになっていそうなIHコンロであれば、修理にかかる費用が高額になるのでは…?と心配する人も少なくありません。
そこで今回は、IHコンロの耐用年数(寿命)や、修理と買い替えにかかる費用について簡単にご紹介したいと思います。IHコンロの導入をご検討中の方は是非参考にしてみてください。

参考記事:「IHコンロは火力が弱い」はホント?ガスコンロと比べた時のメリットデメリットをご紹介!

IHクッキングヒーターの耐用年数は?

それではまず、IHクッキングヒーターの耐用年数についてご紹介しておきましょう。一般的なIHクッキングヒーターの耐用年数は、『10~15年』程度だと言われています。もちろん、しっかりと日々のお手入れを欠かさずに行っていれば20年以上持つようなご家庭もありますが、逆にお手入れや使い方が悪い場合には、10年も持たずに故障してしまう…なんてこともあります。ちなみに、一般的なガスコンロの寿命は7~10年程度と言われていますので、製品的な寿命に関してはIHクッキングヒーターの方が若干長くなっています。

IHクッキングヒーターの寿命で注意が必要なのは、上部のヒーター部分と下部のグリル部分で若干寿命の違いがある点です。上述した『10~15年』という耐用年数に関しては、上部のヒーター部分の寿命と考えていた方が良いです。製品によっては下部に魚を調理できるようなグリルがついているタイプがあるのですが、このグリル部分に関しては、ヒーター部分よりも短い『7~10年』程度が寿命だと言われています。これは、グリルで魚を焼く時など、調理のための塩や魚の油がグリル内に溜まってしまうためで、これらが溜まった部分が劣化して穴が開いてしまい温度調整に異常をきたしたりするようになるのです。
したがって、グリル部分のお手入れはヒーター部分よりも念入りに行う必要があると覚えておきましょう。メンテナンスの仕方とすれば、消耗品を早めに交換してあげる、年に5回程度空焼きしてあげるなどが有効で、こういったメンテナンスにより少しでも長持ちさせる工夫をしましょう。

ちなみに、こういった製品の修理にはメーカー純正品の部品が必要になります。しかし、一般的に製造を終了してから6~10年程度しか部品の保管を行っていませんので、10年を超えるような長く使用したIHクッキングヒーターの場合、修理したくても部品が無くてできない…なんてこともあります。この場合は、基本的に買い替えしかありません。

IHクッキングヒーターの寿命を見極めるには?

IHクッキングヒータの耐用年数については分かっていただけましたね。しかし、耐用年数に関してはあくまでも目安となるだけのものですから、10年を過ぎれば必ず故障するわけでもありません。それでは、「そろそろ買い替えかな?」「修理したほうが良いのかな?」という判断はどのようにすればよいのでしょうか?
ここでは、IHクッキングヒーターの代表的な異変をご紹介しておきますので、以下のような症状が出た場合には、業者さんに点検してもらうようにしましょう。

ヒーターの火力が弱くなった…

IHクッキングヒーターは、寿命が近くなってくるとヒーター部分の経年劣化により、火力が低下してしまうことがあります。したがって、お湯を沸かす場合などに、以前よりもお湯が沸くのに時間がかかるようになってきた…と感じたら買い替えのサインと思った方が良いでしょう。

電源が入らない場合がある…

IHクッキングヒーターで調理中に、煮こぼれや吹きこぼれが発生した場合、それが原因で内部基盤が損傷してしまう可能性があります。もちろん、一度や二度の吹きこぼれなどでいきなり故障する…なんてことは考えにくいですが、それが蓄積して劣化が進行してしまうのです。
最終的には、IHクッキングヒーターを利用しようと、電源ボタンを押してもなかなか電源が入りにくくなる…という現象が現れることが多いです。この場合は、故障か寿命が近づいているサインです。

上記のような症状は比較的に「寿命かな?」と判断するためにわかりやすいポイントとなります。他にも、

  • 使用中に「ブーン」という異音がなる
  • ヒーターやグリルの温度が上がらない
  • すぐにブレーカーが落ちてしまう
このような症状が頻繁に出るようになったら、寿命が近づいているサインですので買い替えの検討をするのがオススメです。

IHクッキングヒーターの買い替え費用は?

それでは最後に、IHクッキングヒーターを修理ではなく、買い替える場合の費用相場についてもご紹介しておきましょう。IHコンロの買い替えの場合には、新しく購入する『IHクッキングヒーター』本体の価格と『工事費用』が掛かります。
以下で、それぞれの費用相場についてご紹介しておきましょう。

IHクッキングヒーター本体にかかる費用

IHクッキングヒーターの本体価格に関しては、どのようなタイプを選択するのかによって大幅に費用が異なります。

例えば、ビルトインタイプのIHクッキングヒーターの場合、シンプルで出来るだけ安価なものを…と考えるなら35,0000円程度で購入できるでしょう。しかし、最新モデルの高機能なIHクッキングヒーターとなると、200,000円近くするような高額なタイプのものもあります。
IHクッキングヒーター本体に関しては、ご家庭ごとに予算や好みの問題がありますので、よく考えて選びましょう。ただし、どのようなタイプを選択するにしても、サイズだけはお間違いないように!

IHクッキングヒーター設置工事にかかる費用

工事費用に関しては、施工を依頼する会社によって異なるのですが、一般的な費用相場は15,000~20,000円程度です。ただし、この費用相場に関しては、「IHクッキングヒーター本体と工事をセットで依頼する」というのが前提になっています。最近では、ネッツ通販やネットオークションなどでIHクッキングヒーター単体で販売されていることが多いので、本体だけは自分で購入して、設置工事だけを依頼するというパターンも増えています。このような場合には、設置工事費用が少し割高になるのが普通ですので、結果的にセットで依頼したほうが安くなる場合が多いです。
ちなみに、IHクッキングヒーターの工事費用には以下のような項目が含まれるのが一般的です。

  • 既存IHクッキングヒーターの撤去
  • 天板周りの清掃
  • 新しいIHクッキングヒーターの取り付け
  • 取り外したIHクッキングヒーターの処分費

IHクッキングヒーターの見積りを取った場合、極端に安い見積書が出てくることがあるのですが注意しましょう。この場合、古いIHクッキングヒーターの処分が含まれていない場合があるので、どういった内容が見積書内に含まれているのか歯きちんと確認しなければいけません。

買い替えと修理どっちが良い?
それではIHクッキングヒーターは、修理して利用するのと買い替えるのであれば、どちらが良いのでしょうか?一般的に、修理費用が4万円を超えるのであれば買い替えの方がお得と言われています。これは、最も安いタイプのものを選ぶのであれば、工事費を含めても、6万円以下で収まると予想できるためで、高額な修理費をかけるのであれば新しく購入したほうが、使い勝手も良くなるからです。
なお、修理費用が2万円以下であっても、10年を超えて使用しているIHクッキングヒーターであれば、買い替えがオススメです。10年を超えてくると、修理してもすぐに他の場所が故障してしまう…なんてことも珍しくなく、何度も修理しているうちに新品を購入するよりお金が掛かっていた…なんてことも考えられるからです。

IHクッキングヒーターの修理費用は?

IHクッキングヒーターの修理をする場合には、『部品代+工事費用+出張費用』という計算になるのが一般的です。もちろん、保証期間内であれば、無料で修理してもらえるのですが、保証期間後の修理であれば数万円単位の費用が必要になるのが一般的です。
以下で、東芝さんの有料修理サービスの概算料金表をご紹介しておきますので、修理費用の参考にしてください。

IHクッキングヒーター(ビルトインタイプ:BHP-****、据え置きタイプ:UHP-****)出張修理概算料金表
症状(状態)予想交換部品(作業)修理料金(税込)
電源スイッチを入れても電源ランプが点灯しない基板¥21,000 ~ ¥46,000
IHヒーターが作動しなくなった基板¥21,000 ~ ¥46,000
加熱コイル¥16,000 ~ ¥32,000
サーミスタ¥10,000 ~ ¥17,000
ラジエントヒーターが作動しなくなった基板¥21,000 ~ ¥46,000
コイルヒーター¥12,000 ~ ¥29,000
サーミスタ¥10,000 ~ ¥17,000
ロースターが作動しなくなった基板¥21,000 ~ ¥46,000
ヒーター¥15,000 ~ ¥23,000
サーミスタ¥10,000 ~ ¥17,000
トッププレートが割れた・ヒビが入った・欠けたトッププレート¥30,000 ~ ¥74,000
IHヒーター、ラジエントヒーターの温度が上がらない・温度調節が利かない基板¥21,000 ~ ¥46,000
IHヒーター使用時
漏電ブレーカーが落ちる
基板¥21,000 ~ ¥46,000
加熱コイル¥16,000 ~ ¥32,000
ラジエントヒーター使用時
漏電ブレーカーが落ちる
基板¥21,000 ~ ¥46,000
コイルヒーター¥12,000 ~ ¥29,000
ロースター使用時
漏電ブレーカーが落ちる
基板¥21,000 ~ ¥46,000
ヒーター¥15,000 ~ ¥23,000
操作ダイヤルが利かない操作基板¥12,000 ~ ¥32,000
操作パネル部分が開きっぱなし・開かないカンガルーポケット¥10,000 ~ ¥18,000
操作スイッチの感度が悪い操作基板¥12,000 ~ ¥32,000
ファンの音が大きくなったモーター¥15,000 ~ ¥24,000
火力表示ランプの一部が点灯しない表示基板¥15,000 ~ ¥27,000
パネル操作部が一部点灯しない操作基板¥12,000 ~ ¥32,000
トッププレートの火力表示ランプが一部点灯しない表示基板¥15,000 ~ ¥27,000

参考サイト:東芝ライフスタイル株式会社公式サイト

こういったメーカーで修理を行ってもらうのではなく、一般の施工店で修理してもらう場合でも、出張費込みで1~6万円程度かかる場合が多いです。

まとめ

今回は、IHクッキングヒーターの耐用年数や、故障した場合の修理費用、買い替える場合の費用相場などをまとめてご紹介してきました。IHクッキングヒーターに関しては、火力の心配をする方が多いのですが、近年登場している新型のものはガスコンロよりも熱交率が高く、導入してみると調理が楽になったという方の方が多いです。

さらにIHクッキングヒーターであれば、火を使わずに調理できるため、小さなお子様や高齢者がいるご家庭では、非常に安全に利用できるというメリットもあります。日々のお手入れもガスコンロよりもかなり楽になると言われていますので、「火力が心配で…」という不安で導入をためらっている方は、安心して導入することをオススメします。寿命もガスコンロよりも長くなりますので、家計にかかるいろいろなコストを削減することもできると思いますよ!