いまいち分からないエコキュートのタンク容量。エコキュート購入前に知っておきたい容量の基礎知識について

エコキュートは、電気エネルギーを利用してお湯を作るエコな給湯器として、近年その人気が急上昇しています。新築でオール電化住宅を望む方や、ガス給湯器からのリフォームまで対応できるため、この記事を読んでいる方の中にも家庭の光熱費削減のため、エコキュートの導入を考えている人が多いのではないでしょうか?
しかし、いざエコキュートの導入を決めた際には、さまざまなメーカーから販売されていることや、機種ごとの機能の違いなどで「どのエコキュートを選べば良いのか迷ってしまう…」という方が非常に多いようです。特に、「タンク容量は何を目安に選べば良いのか」という質問も多く、エコキュートの導入になかなか踏み切れない大きな要因になっているのではないかと思います。エコキュートは、タンクに貯めたお湯を利用するというシステムですので、家族構成に対して小さすぎるものを選択してしまうと、シャワー中にお湯が出なくなってしまうなど、使い勝手の悪いお風呂になってしまうこともあるのです。さらに、電気代が高い時間帯にお湯を沸き増ししなければならず、エコキュートの光熱費削減効果を最大限利用できない可能性すらあるのです。
そこで今回は、エコキュートの導入を決めた際、タンク容量で失敗しないために知っておきたい容量の基礎知識をご紹介したいと思います。

エコキュートのタンク容量について

エコキュートは、冒頭でご紹介したように、貯水タンクにお湯を貯めておき、必要になった場合、そこからお湯を供給するシステムとなっています。これは、深夜帯の安い電気代で、一日に家庭で必要になるお湯を貯め置きしておくことで、光熱費を削減するためです。したがって、貯め置きした以上のお湯を利用してしまうと、電気代が高い時間帯にお湯を作らなければならなくなるため、エコキュートの効果を最大限利用できないわけです。
この説明から分かるように、エコキュートはお湯が足らなくなる…なんてことが無いように、貯水タンクの容量を決めなければいけません。貯水タンクの容量は、メーカーによって多少の例外はあるものの、主に3つのタンクサイズが展開されており、基本的に『370L』『460L』の2種類に『550~560L』の容量となっています。ただし最近では、お湯をあまり使わない少人数の家庭向けにかなり容量の小さなタンクサイズが登場しています。
例えば、パナソニックでは『300~195L』、三菱では『300~177L』、ダイキンでは『320L』などのサイズがあり、これらはネオキュートという名称で販売されています。どちらにせよ、エコキュートの電気代削減効果を最大限に利用するには、家庭で利用するお湯の量をよく考えて、タンクサイズを選ぶ必要があるのです。

そもそもお湯ってどれぐらい使用するの?

皆さんは、一日で自分がどの程度のお湯を利用しているか考えたことがあるでしょうか?
エコキュートのタンク容量を考える場合には、上述したように、「家庭で一日にどの程度のお湯が必要になるのか?」ということを考えなければいけません。もちろん、季節やシャワーの回数、料理をするかしないかなど、さまざまな要因で人それぞれ使用量は異なるものですが、一般的に一日に1人が使用するお湯の量は以下の通りといわれています。

  • お風呂の湯船で利用するお湯 ⇒ 180L
  • シャワーで利用するお湯 ⇒ 80L(1回/8分)
  • 洗面・洗い物・手洗いなど ⇒ 30L

湯船に関しては、家族構成関係なく通常一日に一回ですが、シャワーやその他洗面などに利用するお湯の量が家族構成的にどの程度になるのか計算してみると良いでしょう。

タンク容量の選び方について


それでは、エコキュート導入時のタンク容量の選び方についてご紹介していきましょう。上述した、一般的な人が一日に利用するお湯の量を考えてみると、4人家族の場合、一日で約620Lのお湯を利用する計算となってしまいます。そうすると、「エコキュートの最大のタンク容量でも550Lなのに…足りないのでは…」と考えてしまいますね。しかし、そうではなく、実は『タンク容量=使用できるお湯の量』という訳ではないのです。
本サイトでもエコキュートの商品紹介には『タンク容量:370L』などと記載していますが、実はこのタンク容量は一度に貯め置ける『熱湯の量』なのです。当然、お湯を利用する時には熱湯状態で使用するわけもなく、水道水と混ぜて設定温度にしてから給湯することとなりますので、実際に利用できるお湯の量は記載されているタンク容量の2倍近くになるのです。
ただし、タンク内に貯め置きされている熱湯は、タンクからの放熱で徐々に温度が下がっていきますので、季節や設定温度などにより使用できるお湯の量は変わってしまいます。どちらにせよ、一般的なお湯の使用量で考えた場合には、4人家族の構成なら370L程度のものでも賄える可能性が高いのは確かです。以下で、家族構成によってオススメのエコキュートの選び方を簡単にご紹介するので参考にしてみてください!

3~5人家族にオススメのエコキュート

3~5人家族の方がエコキュートの導入をする場合には、タンク容量370Lのものがオススメです。
一般的に、設定温度42℃、水温9℃の場合では、タンク容量370Lのエコキュートで約680Lのお湯が使える計算となります。したがって、シャワーなどを短めで考えると5人が利用しても問題ありませんので、3~5人家族のお宅でもお湯切れなどを起こしにくいと思います。ただし、お子様が部活などで頻繁にシャワーを利用するなどといった家庭では、もうワンランク上げておいた方が良いでしょう。

4~7人など二世帯家族にオススメのエコキュート

二世帯住宅などで、4~7人など人数が多いご家族には460Lのエコキュートがオススメです。
上述した設定温度と水温で考えた場合、タンク容量460Lのエコキュートでは約840Lのお湯が使えると言われています。したがって、シャワーなどをあまり利用しない高齢者の方を考えると、460Lタイプのものでも十分に二世帯のお湯を賄えると思います。ただし、二世帯住宅などでは、お正月やお盆などの長期休みの際、遠方から帰省してくる人があり、一気にお湯の使用量が増加する場合があります。帰省時に長期間滞在することが多く、その間、人数が増えることも多いのであれば、ワンランク上のものを選択するのもオススメです。

大家族の場合は550~560Lのエコキュート

上述した家族構成以上の人数や、ご家庭内にお子様が多く、部活などで頻繁にシャワーを利用する場合などであれば、550~560Lの大容量エコキュートの導入がオススメです。
上述したように、エコキュートは昼間に沸き増しが必要になった場合、電気代削減効果があまり得られませんので、頻繁に沸き増しの必要が出てきそうなのであれば、最初から大容量のものを選ぶのが正解です。タンク容量550~560Lのエコキュートであれば、上述した設定温度と水温では、約1000Lのお湯を利用できますので、かなり余裕を持ってお湯の利用が可能です。

タンク容量は大きめがオススメ!
最近のエコキュートは、常にタンク内のお湯を満タンにしておく設定さえすれば、お湯切れを起こして困ってしまう…なんてことはほとんどありません。しかし、その場合、電気代が高額な昼間にお湯を沸かすこととなってしまい、電気代削減のメリットを得られなくなってしまいます。そのため、お風呂以外でも、シャワーの回数が多いなど、お湯を大量に使うと予想できるご家庭の場合は、推奨されている人数のサイズよりワンランク上のエコキュートを選ぶのが安心です。ただし、タンク容量の大きなエコキュートは、その分設置場所の面積も必要になりますし、初期費用が高額になるので注意しましょう。

まとめ

今回は、新築やリフォームなどでエコキュートの導入を考えた際、タンク容量選びで失敗しないため、オススメのタンク容量の選び方をご紹介しました。本稿でもご紹介しましたが、エコキュートはあらかじめタンクに貯め置いたお湯を利用して、お風呂やシャワー、料理などの給湯を行うシステムとなります。お湯は、電気代の安い深夜帯に貯め置きするものですので、光熱費の削減が期待できる給湯システムになっているのです。
したがって、日常生活の中で、お湯が足らなくなった場合、高額な電気代でお湯を作らなければならず、それが毎日続くようであれば、エコキュートの光熱費削減のメリットは吹き飛んでしまいます。つまり、エコキュートの導入で何より重要なのは、ご家族で一日にどの程度お湯を利用するのかしっかりと考えて、それに見合ったタンク容量のエコキュートを選ぶことです。エコキュートを導入してからタンク容量の不足に気付いたのであれば、お湯の使用を我慢しながらの生活となってしまうこともあるため、不便を強いられてしまう可能性があります。
エコキュートを選ぶ際に、設置場所に余裕があるご家庭では、多少設置費が高くなったとしても、推奨家族構成より一回り上のタンク容量を選択するのがオススメかもしれませんね!