エコキュートの電源が入らない時のチェックポイントと対処法

エコキュートが突然電源が入らなくなると困ってしまいますよね。そんな時、プロに依頼する前に自分でできる基本的なチェックポイントを知っておくと、問題を早く解決できるかもしれません。

この記事では、エコキュートの電源が入らない主な原因と、それに対する具体的な対処法を中学生でも理解できるように簡単に説明します。また、修理が必要な場合の目安や、買い替えを検討すべきかどうかのポイントも合わせて紹介します。

初めてのトラブルでも安心して対応できるようにまとめています。

ざっくり説明するとこんな感じ、、、

  • エコキュートの電源が入らない場合、まずは自宅で簡単にできるチェックを行い、それでも解決しないときはプロに依頼することが必要。
  • 多くのトラブルは基本的なチェックで解決可能であり、無用な修理費用を節約できます。
  • リモコンの表示が消えている場合、ブレーカーが落ちていないか、エコキュートが節電モードになっていないか等を確認
  • 基本的なチェックを行うことで、修理以来の場合もスムーズ。

エコキュートの電源が入らない原因と初期対応

電源が入らない主な原因

エコキュートの電源が入らないとき、その原因はさまざまですが、主に以下の三つが考えられます。

  • 接続不良:コンセントが抜けている、またはコードが破損している可能性があります。
  • 制御基板の故障:電子部品に問題が発生しているかもしれません。
  • 電力供給の途絶:地域の停電やブレーカーが落ちていることが原因です。

これらの要因を一つひとつ確認していくことが重要です。

初期診断のステップ

エコキュートのトラブルシューティングを始める前に、以下の初期診断ステップを踏むことが効果的。

まず電源の確認を行い、次にブレーカーのチェック、最後にリモコンの状態を確認します。

これにより、問題が外部からのものなのか、内部のものなのかが判断しやすくなります。

初期診断では、電源、ブレーカー、リモコンの三点を確認してトラブルの範囲を絞り込みます。

 

自力での対処法と注意点

エコキュートの電源が入らない問題を自力で解決するために、以下の対処法を試してみてください。

  • コンセントの再接続:一度コンセントを抜いて再度差し込み、接触不良を解消します。
  • ブレーカーのリセット:ブレーカーが落ちている場合は、一度オフにしてから再度オンにします。
  • リモコンのリセット:リモコンがフリーズしている場合は、電池を取り出し再設置してみてください。

ただし、内部の高電圧部分には触れないよう注意が必要です。

ここまで行って、復旧の見込みがない場合は専門知識が必要になりますので、プロへ依頼するのが安全です。

エコキュート激安革命では、関西エリア内であれば、即日現地対応し、修理or交換のお見積りも無料です。

  • 最短で即日工事
    対応OK
  • ご相談・お見積り
    完全無料!
  • 商品在庫あり
    常時製品入荷中!

※タップでお電話できます。phone_in_talk0120-008-1799時~19時(土日祝も営業)|火曜日定休

対応エリアのご確認 keyboard_arrow_right

大阪

兵庫

京都

滋賀

奈良

和歌山

WEBでお問い合わせの方はこちら

具体的なトラブルシューティング

リモコンの表示が消えている場合

エコキュートのリモコンの表示が消えている場合、主に電源問題やリモコン自体の故障が考えられます。

リモコンの電池を交換しても改善されない場合は、内部のハードウェアの故障が疑われます。この時、以下の点をチェックしてみましょう。

  • 電池の交換:リモコンの電池を新しいものに交換してみてください。
  • リモコンのリセット:リセットボタンを使用してリモコンを再起動します。
  • 接続ケーブルの確認:リモコンと本体を繋ぐケーブルに断線や損傷がないかを確認します。

電源がオフになっている場合

エコキュートが意図せず電源がオフになる場合は、外部の影響または内部システムの自動保護機能によるものかもしれません。

漏電や過負荷が原因で安全装置が作動し、電源が切れてしまうことがあります。

  • 漏電の確認:家全体の電気系統に漏電がないかを確認します。
  • 過負荷の確認:他の家電製品との同時使用による過負荷がないかを見直します。
  • 自動保護機能のチェック:エコキュート本体の取扱説明書を参照し、自動保護機能が作動していないかを確認します。

この3点を確認しましょう。よ

ブレーカーが落ちている場合

家庭内のブレーカーが落ちていると、エコキュートの電源も入らなくなります。

以下の手順でブレーカーの問題を診断しましょう

  • ブレーカーの位置の確認:エコキュート専用のブレーカーを見つけます。
  • ブレーカーのリセット:一度落としてから再び上げることでリセットを試みます。
  • 継続的な監視:リセット後、しばらく様子を見て再び落ちないかを確認します。

ブレーカーが落ちる原因は様々ですが、過負荷や短絡、時には老朽化した配線が原因になることもあります。

「節電モード」になっている場合

エコキュートの節電モードは、エネルギー消費を抑えるために設計されていますが、このモードでは通常よりも機能が限定されるため、一見すると故障しているように感じることがあります。

  • 節電モードの解除:リモコンや本体の操作パネルから節電モードを解除します。
  • リモコンの確認:リモコンが正しく機能しているかを確認し、必要なら設定を再調整します。
  • 使用説明書の確認:節電モードの詳細と解除方法について、使用説明書を参照します。

上記手順で節電モードを解除しましょう。

リモコンの操作とエラーコードの対処

リモコンに「ロック」がかかっている場合

エコキュートのリモコンには、誤操作を防ぐためにロック機能が設けられています。

ロックがかかっていると、どんな操作をしても反応しないため、電源が入らないように感じることがあります。

  • ロック解除の方法:リモコンに記載されているロック解除の手順に従います。
  • マニュアルの確認:操作が不明な場合は、製品のマニュアルを確認します。
  • 電池のチェック:ロック解除ができない場合、リモコンの電池が切れていないかを確認します。

時間設定がずれている場合

停電後やバッテリーの交換後など、リモコンの時間設定がずれることがあります。

時間設定が正確でないと、予約した暖房やお湯の準備がうまくいかないこともあります。

予約の設定は引き継いでいるけど、時間そのものがずれているってうパターンですね。

その場合は、リモコンの設定メニューから時刻調整を選び、正確な時間に設定します。

エラーコードが表示されている場合

エコキュートのリモコンにエラーコードが表示されている場合は、何らかの故障を示しています。

  • エラーコードの確認:リモコンや本体に表示されるエラーコードを確認し、マニュアルでその意味を調べます。
  • 簡単なリセット試み:エラーコードによっては、リセット操作で解決することがあります。試みてみましょう。
  • 専門家への相談:エラーコードが解決しない場合は、製品のサポートセンターに連絡するか、専門の技術者に依頼するのが安全です。

具体的なエラーコードの対処は以下のページで詳しく解説しています。

エコキュートの修理と費用の見積もり

エコキュートの本体や制御基板が故障すると、修理が必要になります。

このような場合の修理が基本になりますが、その場合は新品と交換した場合のケースも考えておきましょう。

修理費用よりも少しお金を出せば新品と交換できるパターンもよくあります。特に現在は補助金がアツいので、数年前に設置した費用よりも安い場合が多いので、修理より交換がお得の場合が多いです。

補助金・工事費込みの価格で表示しています。

修理と買い替えの比較

  • 修理のコストと寿命:修理費用とそれによって延長される機器の寿命を考慮します。
  • 新機種のメリット:新機種の省エネ性能や機能の向上を評価します。
  • 予算とのバランス:予算に合わせて最もコストパフォーマンスの良い選択をします。

修理費用が高額な場合は、買い替えのメリットを考慮し、予算に合わせた最適な選択を行います。

最終更新日:2024年05月18日