「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」「エコウィル」…近年人気の省エネ製品の特長を比較してみよう!

近年では、家計に優しいさまざまな省エネ製品が登場しています。給湯システムだけで考えたとしても、「エコキュート」や「エコジョーズ」、「エネファーム」に「エコウィル」などと、似たような名称の給湯器が多く存在しており、私たちの生活を便利にしてくれるだけでなく、環境にも優しい給湯システムとして活躍しています。
しかし、いざこういった省エネ製品の導入を考えた時には、自分の生活スタイルなどを考えた時にどの製品が最適なのか分からなくて困ってしまう…などと言う声をよく耳にします。エコキュートやエネファーム、エコジョーズなどと似たような名称をしていることもあり、耳にしたことがある名前だけど、どんな製品なのかは詳しく分からない…という人が多いことでしょう。さらに、似たような名称をしているのだからどの製品も似たようなもので、どれを購入しても一緒だと考えている人までいるように思います。
しかし、これらの省エネ製品に関しては、そもそも使用するエネルギーから異なるなど、根本的な性能の違いがあるのは知っておかなければいけません。何も考えずに導入してしまうと、せっかくの省エネ効果が全く得られず、コストばかりかかってしまう…なんとことも考えられるのです。そこで今回は、前述した4つの省エネ製品に関する特長の違いなどをまとめてご紹介したいと思います!

似たような名称でも性能は大きく2つに分かれる!

それではまず、「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」「エコウィル」の4つの省エネ製品に関する根本的な違いからご紹介しておきましょう。この4つの製品は、非常に名称が似通っているため、同じような機構を持っていると考える人も多いですが、実は大きく分けて2つのタイプに分けることができます。まず1つ目は、『熱の生産や供給に関する性能を高めた給湯器システム』で、これは「エコキュート」と「エコジョーズ」が該当します。そしてもう1つのタイプは、『熱に加えて、電気の生産・供給も担うシステム』となっており、コージェネレーションシステムなどとも呼ばれます。後者のタイプは、「エネファーム」と「エコウィル」が該当します。
こう見ると、似たような名称を持っている製品でも、その機構に大きな違いがあるということがわかりますね。4つの省エネ製品を見比べるため、もう少し詳しく製品の情報を見ていきましょう。

比較項目エネファームエコウィルエコジョーズエコキュート
製品概要家庭用燃料電池コージェネレーションシステム家庭用ガスコージェネレーションシステム潜熱回収型ガス給湯器家庭用ヒートポンプ式給湯器
エネルギーガス(水素)ガスガス電気
発電能力ありありなしなし
給湯能力ありありありあり
販売価格200~300万円80万円前後10~25万円前後40~90万円前後
補助金ありありありあり
主なメーカーパナソニック
ENEOS
アイシン
本田技研工業
長府製作所
ノーリツ ほか
リンナイ
リンナイ
パロマ ほか
三菱電機
コロナ
パナソニック ほか

上記のように、似たような名称を持つ省エネ製品ですが、その機構や販売価格などは大きく異なるのがわかります。ちなみに、エコウィルに関してはエネファームの普及もあり、2017年に製造・販売が終了しています。

それぞれの省エネ製品の特長

それでは、「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」「エコウィル」の4つの省エネ製品の特長をそれぞれご紹介していきましょう。上述したように、エコウィルに関しては2017年9月30日に、各ガス会社での新規申し込み受付が終了しています。現在、エコウィルをご使用している方であれば、エネファームやエコキュートへの切り替えが最もお得だと言われていますので、ぜひお早めにご検討ください。エコウィルは製造自体が終了していますので、万一の故障時にはトラブルになる可能性もありますよ!

エコキュートの特長

まずはエコキュートの特長からです。従来の給湯器と言えば、ガスをエネルギーとしてお湯を沸かす『ガス給湯器』が一般的でしたね。しかし、エコキュートは、ガスではなく電気を利用してお湯を沸かすというところが大きな特長となります。
お湯を沸かすのにガスを利用しないため、地球温暖化の原因になると言われるCO2の排出量も削減でき、エコキュートを利用するだけで環境負荷軽減にも貢献することができます。また、エコキュートは、関西電力の『はぴeタイムR』など、専用の電気料金契約が存在しているため、光熱費削減効果も大きいのです。こういった電気料金契約では、深夜帯の電気料金が格段に安くなり、エコキュートはその電気代が安い時間帯にお湯を作るというシステムになっているのです。したがって、非常に経済的にお湯を作ることができ、オール電化と組み合わせた場合にはガス会社との契約も必要なくなり、日々の光熱費を大幅に削減することが可能です。
また、エコキュートは貯水タンクにお湯を貯めておくシステムとなるため、自然災害などで断水してしまった場合などでも、非常用水としてタンクのお湯を利用することができるのも大きな特長です。他の省エネ製品と比較しても、貯めて置ける湯量が圧倒的に多いため、災害時などに使用できる非常用水の用途も広いです。なお、貯水タンクは魔法瓶のようになっていますので、停電時などでもお湯を取り出すことができるのもメリットと言われます。
ただし、エコキュートは空気の熱を効率よく利用してお湯を作るシステムとなるため、気温の下がる冬場などでは熱効率が下がってしまい、相対的に光熱費が掛かってしまう傾向があります。お湯の使用方法に関しては、貯水タンクに貯めていたお湯を使い切ってしまうとお湯切れしてしまい、突然お湯が出なくなる…などのリスクを抱えることとなります。したがって、自分や家族の生活スタイルを考慮して、エコキュートのタンク容量を選ばなければ使い勝手が悪くなってしまう危険もあります。

関連記事:エコキュート購入前に知っておきたいタンク容量の基礎知識について
関連記事:関西電力の『はぴeタイムR』は本当にお得なの?

エコジョーズの特長

次はエコジョーズの特長についてです。エコジョーズに関しては、従来のガス給湯器の進化版のような感じです。ただし、従来のガス給湯器とは異なり、排気熱を効率的に活用するという機構が加わっているのがポイントです。
昔からお湯を作るためによく利用されてきたガス給湯器ですが、実はお湯を作る際に出る高温の熱を空気中に放出するという機構になっていました。しかし、エコジョーズは、この排出されていた熱を回収し。お湯を作るために有効活用するというシステムになっているのです。そのため、従来のガス給湯器では熱効率が80%程度だったのに対し、エコジョーズでは熱効率95%程度と大幅に高めることに成功したのです。したがって、お湯を作る時の光熱費を削減できるエコな製品となっているのです。
従来のガス給湯器と比較してネックになるのは、製品が従来のものよりも高額になるため、導入費が割高だということです。そのため、普段湯舟などには浸からずお湯をあまり使用しない…、家族の人数が少ない…など、給湯機能をそこまで使用しない人であれば、導入時の割高なコストが見合わない場合もあります。エコジョーズをご検討の方は、ご自身の生活習慣などをよく考えてみましょう。

関連記事:エコジョーズとは?エコジョーズを徹底解説

エネファームの特長

最後は発電能力を持つ『エネファーム』についてです。エネファーム最大の特長は、上記2つの製品と異なり、給湯能力と発電能力両方を持つという性能の高さです。
エネファームの発電能力に関しては、製品タイプによってかなり異なり、発電効率40%程度のものが一般的で、高性能なものとなると50%を超えるようなものもあります。同じ発電能力を持つ機構としては太陽光発電が知られていますが、太陽光発電システムの発電効率はおよそ20%程度だと言われており、これからもエネファームの発電能力の高さがわかりますね。
エネファームは、発電で発生した熱を給湯機能に利用するというシステムとなっているため、余計なエネルギーを使用せず非常に高い省エネ効果を持っています。また、発電には水素と酸素を利用する燃料電池を活用するため、CO2の排出量も少なく地球環境にも優しいということも特長となります。
ただし、非常に高性能なシステムなのですが、その反面、製品価格が非常に高く導入コストが他の省エネ製品より圧倒的に高額になるのがネックとなります。

関連記事:エコキュートとエネファームの違いって何?それぞれのメリットは?

まとめ

今回は、エコな給湯システムとして近年非常に人気の高い「エコキュート」「エコジョーズ」「エネファーム」「エコウィル」の4つの省エネ製品を比較してみました。
本稿でご紹介したように、非常に似通った名称を持っており、使用用途も似ているこの4つの製品なのですが、実はその機構や特長にはかなりの違いがあるのです。したがって、生活習慣や家族構成などによって、きちんと導入する製品を選ばなければ、本来得られるはずの省エネ効果を全く実感できない…などとなってしまうリスクもあります。もちろん、特定の製品に関して「〇〇が一番良い製品だ!」などという訳はありませんので、これらの省エネ製品の導入時には注意が必要です。
給湯システムの導入の際には、ご家庭ごとの家族構成や、現状の電力・ガスの使用量、オール電化も併せて導入するのか?など、総合的に考えて自分に最適な給湯器を導入するようにしましょう。どうしてもどれが良いか判断できない場合には、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。